外科医が手術を遅らせる?

2020年の東京オリンピック含め、たばこ対策がさらに言われるようになっています。WHOでも世界禁煙デーとして、5月31日を掲げ、日本でも6月6日までを禁煙週間としています。今年のテーマは、「2020年、受動喫煙のない社会を目指して~たばこの煙から子ども達をまもろう~」です。この受動喫煙の健康への影響が科学的にもはっきりしている以上、喫煙者だけの問題ではすまされなくなってきています。

皆さまの職場の禁煙対策は、どのような状況でしょうか。大企業では分煙や禁煙がかなり徹底されてきていますが、中小企業では残念ながら、まだまだ十分ではないのが現状です。

たばこは、循環器疾患、糖尿病、がん、慢性呼吸器疾患、生活習慣病の危険因子であるのは言うまでもないことです。喫煙者は非喫煙者に比べて、食生活の偏り、身体活動量の不足といった、生活習慣の乱れを併せ持つことも報告されています。

呼吸器の外科医によると、喫煙者の肺がん患者の場合、予後が悪いためすぐに手術ができないし、治療の選択肢も少なくなってしまうようです。手術を遅らせるケースが考えられます。

禁煙は、いつ始めても遅くはありません。自力で禁煙するよりも「比較的楽に」「より確実に」「費用もたばこ代より安く進められて」禁煙補助薬や禁煙外来を活用する方法もおすすめです。禁煙プログラムをサポートしている企業もあるみたいです。禁煙成功者は、何度か試してゴールされることがほとんどです。挫折してもトライする気持ちが大事です。

体重増加を気にされる方も多いですが、確かに調査結果からも禁煙して約8割の方に2キロくらいの体重増加は認められるようですが、それは一時的なものと考えられます。禁煙によって体重が増えたと悩んでいる方は1か月目あたりから、体重コントロールでしっかり予防できます。いずれにしても、禁煙は一人だけで挑戦するよりも周りも含めてサポートしていく体制は必要だと思います。


字のサイズ